ベッドの取扱いもはじめました

ベッド

ベッドは家具ですか?
いいえ、寝具です!

組子ベッド・ハッシュベッド

当店一押しのベッドが
美しさと機能を兼ね備えた
組子ベッド!

ふとんが気持ち良く、ふとん本来の機能を引き出す総桐ベッドです。



日本ではかつて寝室というものがなく、畳の部屋にふとんを敷いて寝ていました。生活環境や住宅環境の変化から、現在の家には寝室があり、多くの寝室にはベッドがあります。
また、毎日のふとんの上げ下ろしがなくて楽、ひざや腰が痛いので起き上がるのが楽になるなど、今ではベッドをお使いの方が多いかもしれません。
そして、ベッドを考える時には何を基に購入されるのか。お値段であったり、デザインであったり。人生の1/3は睡眠です。寝具と共にベッドも機能性を重視して選ぶようにしましょう。そして、ベッドは家具ではありません。睡眠に欠かせない寝具です。

 ベッド選び、湿気をいかに逃がすか・・・ 

ベッドを考える際に、一番考えなければならないことは湿気をいかに逃がすか。人は寝ている間に一晩でコップ2杯分の湿気を出すと言われています。高温多湿な日本の夏は特に湿気を考えなければいけません。

ベッド本体の床が、コンパネ、木材などで平面になっているベッドは、マットレスやふとんを敷くと、湿気が下に抜けないため、カビが生えやすくなってしまいます。ふとんをめくったらカビだらけだったという話はよく聞かれます。

スノコベッドは・・・。
平面になっているものよりは通気性は良いのですが、スノコとふとんの接触している部分にカビが生えることが多いようです。また、スノコベッドはスノコ部分が薄く、強度に不安のあるものも多く見られます。

畳ベッドは・・・。畳ベッドも増えてきましたが、軽量化とコストカットの影響により、畳ベッドの畳は外見はい草でも中身は発泡スチロールになっているものが多いようです。そのため湿気を全く吸いません。また畳を支えているボードによって湿気が抜けず、カビの発生の原因にもなります。

マットレスを使ったベッドは・・・。
現在最も多いのではないでしょうか、中身に金属のスプリングが入っているマットレスを使ったベッド。耐久性は1万円/1年などと言われていました(根拠は何もありません)。高品質なものほど、耐久性も高く寝心地も良いでしょう。湿気を逃がすため、耐久性を上げるため、上下を入れ替える、裏返すなどマットレスの注意書きに書いてあるものもありますが、現実問題重さもあって大変です。しかし、どうしても真ん中あたりがへたって沈み込みが見られるようになります。またマットレスの中身はスプリング以外は空洞です。冬場は特に背中が寒く感じられる方が多く、特にふとんなどからスプリングベッドに変えた場合などに感じられるようです。そして、処分にも困り、いざ処分しようとマットレスを切ってみたら、外側はきれいだったのに中がカビだらけだったということも・・・。シックハウスの原因が壁や床ではなくベッドだったというのも考えられます。スプリングベッドは海外が先進国ですが、湿度など日本と環境が異なるため、外国で良いものが日本でも優れているとは限らないのです。

 

世の中にごまんとあるベッドですが、
当店が自信を持っておすすめするベッドは
上に組子、下にスノコを使用した総桐ベッド、組子ベッドです。

当店の手作りわた敷ふとんとの組み合わせがおすすめです!

組子ベッド

組子ベッド(HASHBED)

 

組子ベッド・組子部分

ふとんの湿気、ジメジメにしっかり対応!
組子を床材とした総桐のベッドです。
見た目の美しさもさることながら、桐を用いたことにより湿気の吸排出効果があります。
上に組子、下にスノコの独自構造により、ふとんとの接触面積が少なく、通気性も良く、ふとんがカビにくく、ふとん本来の機能を十分に引き出すことができます。
すのこ部分にも細かい筋の切れ込みがあり、組子部分にたまる空気にもしっかり対応され通気性を確保しています。

桐には、健康効果があるといわれている遠赤外線やマイナスイオンが木炭よりも多く、また有害物質を使っていないため、健康の方はもちろん、アトピー症の方にもおすすめいたします。

ふとんのほか、マットレスなど、お好きなものを使用することができる、寝具の土台です。ベッドのマットレスは干すことが非常に困難です。その点、いつもの敷ふとんなら干すのも簡単。今お使いの敷ふとんをそのままお使いいただけます。

一年中快適!
夏は湿気が抜けてサラサラで涼しく、冬は組子とスノコの間の空気層で暖かい。

一般的にベッドの敷布団は買い替える時以外は万年床状態の方が多いようです。湿気がたまる一方。そんな湿気対策にも応えた組子ベッドは、万年床にもぴったりのベッドです。

組子ベッド製品のご紹介

組子ベッドには種類がいろいろございますので、一部ご紹介。

組子ベッド・総桐ベッド(あんばい) 

特許 第4044948

組子ベッド・あんばい

仕上げ  焼桐(プレポリマー樹脂使用)/組子とすのこ(無着色)
材質   総桐/重さ36kg(シングルサイズ)
組み立て時間 一人で約2分30秒(ドライバーなど工具不要)
耐荷重(公的機関による調査結果)
シングルサイズ…200kg、セミダブルサイズ…300kg、ダブルサイズ…400kg


○シングルサイズ
198,000円 (本体価格180,000円+消費税18,000円)

本体サイズ 幅110cm×長さ215cm×高さ66cm(床高33cm)
ふとんが敷ける範囲は、幅105cm×長さ200cm

*長さ200cmとありますが、近年多く見られる210cmのわたふとんも敷くことが出来ます。一般的なふとんの210cmは生地サイズが210cmであるため綿を入れるとふくらみが生まれ、200~210cmで納まると言われています。

○セミダブルサイズ
253,000円 (本体価格230,000円+消費税23,000円)
本体サイズ 幅130.5cm×長さ215cm×高さ66cm(床高33cm)
ふとんが敷ける範囲は、幅124.5cm×長さ200cm

○ダブルサイズ
305,800円 (本体価格278,000円+消費税27,800円)
本体サイズ 幅150cm×長さ215cm×高さ66cm(床高33cm)
ふとんが敷ける範囲は、幅144cm×長さ200cm

○クイーンサイズ
356,400円 (本体価格324,000円+消費税32,400円)
本体サイズ 幅170cm×長さ215cm×高さ66cm(床高33cm)
ふとんが敷ける範囲は、幅164cm×長さ200cm

○キングサイズ
410,300円 (本体価格373,000円+消費税37,300円)
本体サイズ 幅189cm×長さ215cm×高さ66cm(床高33cm)
ふとんが敷ける範囲は、幅183cm×長さ200cm

 

オプションとして、高さ変更やロングサイズ(+10cmまで)にも対応し、宮や、サイドガードなどもご用意しております。



組子ベッド・HASHBED(ハッシュベッド)#BED ー古民家風塗装仕上ー

特許 第4044948
特許 第6347026

組子ベッド・ハッシュベッド

当店では、こちらのハッシュベッド(シングルサイズ)を常時展示しております。

仕上げ  黒い部分(室内環境基準F☆☆☆☆塗料使用)/組子とすのこ(無着色)
材質   総桐/重さ26.8kg(シングルサイズ)
組み立て時間 約3分(二名推奨)(ドライバーなど工具不要、ヘッドボード取付は除く)
耐荷重(公的機関による調査結果)
シングルサイズ…200kg、セミダブルサイズ…300kg


○シングルサイズ
138,600円 (本体価格126,000円+消費税12,600円)

本体サイズ 幅110cm×長さ215cm×高さ33cm(床高33cm)
ふとんが敷ける範囲は、幅105cm×長さ200cm

○セミダブルサイズ
162,800円 (本体価格148,000円+消費税14,800円)
本体サイズ 幅130.5cm×長さ215cm×高さ33cm(床高33cm)
ふとんが敷ける範囲は、幅124.5cm×長さ200cm

ヘッドオプションにて、ヘッドをつけることができます。
ヘッドボード 24,200円(本体価格22,000円+消費税2,200円)
シングルサイズ、セミダブルサイズ共にサイズは同じものです。

ハッシュベッドにはダブルサイズはありません。


上記以外にも組子ベッドには、
○上記あんばいの蜜蝋仕上げのもの
○コンセント付きの宮がつき、ネジも用いた「組子ベッド・ここちe」
○組子ベッドの最高峰「組子ベッド・夢楽Ⅱ」
もございます。
詳しくは製造元・株式会社総桐箪笥和光組子ベッドのページをご覧ください。


よくある質問Q&A(組子ベッド)

なぜ桐なのでしょうか?

桐の細胞は触ったら熱が反射的に伝わりますので、暖かく感じることができます。また、桐たんすに使われているように、桐は湿気を吸ってはき出すという調湿機能もあります。弱アルカリ性という性質と、タンニンという虫がつきにくい成分が含まれていますので、他の材より虫が付きにくいざいでもあります。

組子が細いですが、壊れないですか?

直径10cmでの垂直耐荷重は548kgと、とても丈夫です。ただし斜め方向には弱いので、斜めに荷重がかからないようにしてご使用ください。
ベッドの耐荷重は、シングルサイズで200kgです。

マットレスは必要ですか?

敷布団を直接敷くことができます。

組み立ては難しいですか?

組み立て工具(ドライバ等)は不要です。組立図も同梱されており、組み立て時間は約3分でできます。
また、下関市内であれば基本的に配送、組み立て、設置料金は無料で行います。

その他にもよくある質問と回答が掲載されている冊子もあります。お気軽にご相談ください。

 

組子ベッドの製造は、株式会社総桐箪笥和光(福岡県)安心の日本製です。